.comment-link {margin-left:.6em;} <$BlogRSDURL$>
This E-zine is enjoying Stage,Cinema,Music,Book,Art,...and more!

YARD*
Fun TO POP culture

YARD*

Fun to POPcultuer



Transration>>English Here
Powered by Google.

***********************
JACK in TIME

Tuesday, October 05, 2004

CINEMA-IMPRESSION
text:豊崎エコ

「サマー・オブ・サム」  スパイク・リー監督作品



 何日か前、夜中、テレヴィで放映していたのを、なんとなくみた。
 ・・・スパイク・リーか。と思いながら。
 連続殺人鬼の話なのだが。最近、その手の映画が多かったし、OFFの世界でもありがち、ありすぎな話なので、どうなの?とかおもいながら。
 それがですね、この映画は70年代をうまく描いている映画なのです。そして70年代ってダサイよ!今、思い出すと!もう一回アレやれいわれても、ちょっとはずかしよな!・・・な映画なのです。青春なんてそんなもの。あまずっぱすぎ。
 でもさすがスパイク・リーだから、見せ方がカッコイイ。殺人鬼が犠牲者を銃撃するシーンはとくに。ラジオ中継と銃撃シーンをシンクロさせるなんてイカス!!・・・そんなこと言ってて大丈夫かオイラ?オイラは人殺しなんてしないけどね。
 この映画に犬がでてくるのですが、使い方がうまい。
 



Links to this post:

Create a Link


備考)
2008年08月31日 再編集
2008年12月31日 再編集

YARD webzine. Some Rights Reserved. start/03-29-2004